個人向けサービス > サービス詳細 > レターパックライト

レターパックライト

レターパックライトロゴマーク日本郵便が提供する特定封筒サービス。360円の全国一律料金で、A4サイズ×厚さ3cm・4kgまでの信書と荷物が送れます。レターパックプラスと異なり、厚さは3cm以下で受領印は貰わずポスト投函で配達完了となります。荷物の追跡は対応。

公式サイト - http://www.post.japanpost.jp/lpo/letterpack/

基本情報

サイズ区分 A4ファイルサイズ(248mm×340mm)の専用封筒に入り、厚さ3cm以内
重量区分 4kg
責任限度額 なし
配達日指定 ×
時間指定 ×
オプション なし
集荷 ×
持ち込み 郵便窓口
郵便局
ポスト
追跡 パソコン用
携帯用
送料着払い ×

料金表

全国一律360円 - 専用封筒はコンビニ, 全国の郵便局, 切手類販売所(一部除く)で販売
国内宅配便の料金比較 - 国内の宅配便, 一般路線, メール便, 郵便物を一括して検索。

便利なサービス

郵便番号検索 - 最新の郵便番号検索のほか、データのダウンロードなど。
郵便局検索 - 郵便局・ATMの詳細情報(所在地、営業時間等)と地図を検索。
配達状況検索 - ゆうパック・レターパックや書留、EMSなどの配達状況を表示。
再配達のお申し込み - 各種郵便物の再配達の申込みが可能。
郵便送達日数検索 - 発着都道府県の郵便番号から日数を検索。

種類

レターパックプラス - レターパックライトに比べ厚さの制限がなく、受領印を貰うサービス。

年表

2003年4月 - 定形小包郵便物「EXPACK500(エクスパック)」のサービスを試験的に開始。対象は東京都心3区(中央, 千代田, 港)と大阪市2区(北, 中央)の郵便局。
2003年10月 - 全国での取扱いを開始。
2010年3月 - EXPACK500専用封筒の販売を終了。
2010年4月 - レターパック350のサービスを開始。
2012年5月 - レターパックライトに名称を変更。
2014年4月 - 消費税率変更に伴う料金変更。

関連サイト

「レターパック」のサービス概要 - レターパックライトとプラスのサービス詳細を紹介。
「レターパック」のサービス詳細 - レターパックライトとプラスの内容を比較して紹介。

宅配便検索ランキング (11/20〜11/27)

第1位
日本郵便の定形外郵便物 (→)
第2位
クロネコヤマトの宅急便 (→)
第3位
日本郵便のゆうパック (→)
第4位
佐川急便の飛脚便 (→)
第5位
オークションゆうパック (→)

※一週間の検索回数を元に集計

引越し比較も送料の虎

送料の虎モバイルサイト

モバイルサイトで外出先でも送料比較!

簡単な使い方
URLを今すぐ送信