個人向けサービス > 送るノウハウ > レターパック・EXPACK・ポスパケット・定形外の違い

レターパック・EXPACK・ポスパケット・定形外の違い

4月1日から、郵便事業株式会社がレターパックの販売を開始します。
レターパックには安価な「レターパック350」と、受領印をもらう「レターパック500」がありますが、一見するとポスパケットやEXPACK500等の類似するサービスもあります。サービス内容の違いを比べて、自分に合ったサービスを選びましょう。

サービス比較表

レターパック
350

(4月販売開始)
レターパック
500

(4月販売開始)
EXPACK500
(3月販売終了)
ポスパケット 定形外
信書可否 × ×
封筒不要 × ×
追跡できる ×
(書留で○)
スピード
日曜配達 ×
(速達等で○)
受領印 × × ×
(書留で○)
最大サイズ A4×3cm A4 A4 A4×3.5cm 3辺90cm
長辺60cm
最大重量 4kg 4kg 30kg 1kg 4kg

販売が終了するEXPACK500

A4封筒に入れば30kgまで全国一律500円で送れる「EXPACK500」ですが、レターパック500のサービス開始と同時に2010年の3月31日に販売終了となります。その後も今まで通り使えるほか、書損交換も可能です。 今回発売されるレターパックは4kg以下の荷物に限りますので、4kgより重たい荷物を送る方は今のうちに買っておくのもよいでしょう。

値下げされるポスパケット

最大重量は1kgまでで信書が送れない「ポスパケット」については、4月より50円値下げされ350円となります。レターパック350に無いメリットとして、厚さが3.5cmまで送れることと20円追加で送料着払いにできることです。レターパック350は厚さが3cmまでですので、分厚い書籍や商品を送る際にはポスパケットと検討しましょう。

定形外との使い分けは

定形外は特定記録オプションを付けないと追跡ができませんが、レターパックは元々追跡が可能です。重量で比べると、250g程度だと定形外(240円)が安くなりますが、それ以上になるとレターパックが経済的です。ポスト投函もできますので、切手の代わりにレターパックを買っておくことが増えるかもしれません。

まとめ

今まで4kg以上の荷物でEXPACK500を使ってきた人にとっては、実質的な値上げとなるでしょう。ただし、信書を別送していた人にとっては使い勝手が良いと思われます。 信書を同封しない人は、宅配便会社のメール便や格安宅配便なども比較してみましょう。

参照:
宅配便・郵便の料金比較(送料の虎)
レターパック350の詳細
レターパック500の詳細

2010.2.8
更新: 2010.3.2
更新: 2010.5.10

宅配便検索ランキング (7/20〜7/27)

第1位
クロネコヤマトの宅急便 (↑)
第2位
日本郵便の定形外郵便物 (↓)
第3位
日本郵便のゆうパック (↓)
第4位
佐川急便の飛脚便 (→)
第5位
はこBOON (→)

※一週間の検索回数を元に集計

引越し比較も送料の虎

送料の虎モバイルサイト

モバイルサイトで外出先でも送料比較!

簡単な使い方
URLを今すぐ送信